ひとりひとりの感覚を思い出させてくれる絵本。

こども本人にしかわからない気持ちが描かれる。大人にはわからないひなみちゃんのこころ。みずきくんのことが、なぜだか好きなひなみちゃんが、きもちのままに進んでいったら、こうなった、という。物言わぬ、ひなみちゃん本人のきもちが、伝わってくる。「物語を書いた大人」がそれを読み取れた、という事実。そこはすごいなー、と。このひなみちゃんのように、じぶんの思うように、感じるままに、いつも行動できたら、大人も子どもも幸せになれるね、と。誰に言われなくても、自分の幸せを、自分がわかっている、ひなみちゃんという素直な魂が、じつは私たちひとりひとりにもにあること。理屈や論理ではない、ひとりひとりの感覚を思い出させてくれる絵本。 こどもゆめ書房Wix オートメーションから送信されました

閲覧数:1回0件のコメント