『本人がやりたいこと』が苦手を越える力

更新日:4月27日

この絵本を読んで。先のことは一旦おいといて、

「やりたいこと」を優先順位の一位にして、「苦手なこともチャレンジ」してみた物語。

大事なのは、体験、経験だから。

これは、ニンジンはまずい、たべたくない、という情報を、そうでもないな、

本当は大丈夫、という情報に書き換える「きっかけ」を描いていると思う。

このあと、彼女はニンジンに苦手意識はなくなるのかもしれない。

また、食べなくなるのかもしれない。

そんなことより、大事なのは「チャレンジできない」と思っていたものでも、

ちょっと目をつぶって、やってみるだけで次の段階へすすめる、という実感を本人が経験することだ。

それを促すきっかけを『本人がやりたいこと』がつくってくれる、というストーリーだ。

この本をよんだこどもたちが、チャレンジをしてみたら、「意外とできるんじゃん!」 っていう情報になるんだろうと思う。

自信がでてくる。

かるがる、やっちゃうんだ、と。

そして、本当に一番やりたいことを、いま、やるんだ! と。


レビュー投稿者:マインドゼロ

レビュー書籍: にんじんなんかだいきらい

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

子供にとって苦手なことはいくつになってもありますが、 克服できるようにするには 親が子供のことをわかってあげることが必要と感じました。 ​ 立ち止まって寄り添うことの大切さを感じました。 レビュー投稿者 きのこ さん レビュー書籍 にんじんなんかだいきら

2ページ目を開くとみんな笑い始めた。 ​ 「もう1回」という声も出て楽しそうに見ていた。 簡単で分かりやすい内容だったため、 保育者の言葉を繰り返して言いながら楽しんでいた。 レビュー投稿者 山梨県保育園さん レビュー書籍 にんじんなんかだいきらい